婚約指輪の価値観

ご婚約が決まった方は、おめでとうございます!日本でも、結婚指輪 (マリッジリング)でプロポーズする前に、婚約指輪 (エンゲージリング)を贈る習慣があります。
結婚指輪よりも、高価な贈り物になる傾向が伺えるようです。
将来、結婚を約束することを前提に、婚約を交わしますが、男性がエンゲージリングを女性にプレゼントします。
お互いの左手の薬指に、お揃いの婚約指輪を購入する人も増えているようです。
エンゲージリングにかけるお値段ですが、世間的には、給料の数ヶ月分と言われていますが、実際のところはいかがなものでしょうか?婚約指輪は、数万円のものから、50万円を超える価格のものまで揃っています。
金属アレルギーを持っている人など、事情によっては、絶対婚約指輪を購入しなければいけないというものではありませんが、やはり女性としては、言葉だけの約束ではなく、確かな思いを形にしたいので、婚約指輪が欲しいと、夢見る女性は多いのではないでしょうか? 婚約指輪にふさわしい石を選びますが、やはりダイヤモンドがダントツの人気です。
ダイヤモンドの永遠の輝きには、不思議なパワーと、強い力が秘められています。
ダイアモンドを選ぶときの目安に、4Cという基準があります。
透明度と、どれだけ正確に磨かれているか、カラーとカラット(重さ)を考えます。
婚約は、一生に何度もないことなので、思いもいっそう高ぶりますし、深い愛が込められたものになるので、指輪のデザイン選びは真剣です。
ティファニーやカルティエなど、ブランドにこだわる人もいますし、オーダーメイドで作ってもらい、世界に一つだけしかないデザインにしたいと思うところもあるでしょう。
お店に展示してあるものから選ぶ方法が一般的な買い方ですが、インターネットも利用できますし、海外で購入すると、お得でもあるようです。
母親のリングをリフォームする人もいらっしゃいます。
指輪の形も目移りするほど様々ですが、ストレートのリングでシンプルなデザインのものをはじめ、カーブがついて可愛らしいものや、ゴージャスなもの等あります。
個性に合わせてじっくり検討したいものです。
指輪の色が肌の色にあっているのか?指の長さや太さも合わせて、似合うものを見つけることもポイントだと思います。